『ニッポンラジカセ大図鑑』がアマゾンのオーディオ・ビジュアル売れ筋ランキングで1位を獲得!

2017年7月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ニッポンラジカセ大図鑑』がアマゾンのオーディオ・ビジュアル売れ筋ランキングで1位を獲得!
Pocket

先ほどamazonのオーディオ・ビジュアル売れ筋ランキングを
確認したところ、私が編集・原稿執筆を担当した
『ニッポンラジカセ大図鑑』が第1位となっておりました。
嬉しい限りですね。
 

初レビューもついていました。
トップ100レビュアーのカンカラさんという方ですね。
ただ、気になったところを指摘しておきます。
 

単純に当時のカタログをスキャンした
だけではなく、商品の部分カットも多い。

 
本書のメインである、ラジカセ本体の写真に関しては
ほとんどがプロのカメラマンにお願いして
新規撮影してもらったものです。

従って、カタログからのスキャンはほとんどありません。
コレクターの方でも持っていなかった機種で外せないものが
いくつかあるだけです。
カタログ自体のスキャンは、主にコラムで使っていますね。
また、例えばCFS-DW60はオールドラジカセ、
バブルラジカセの端境期でコレクターの方が持っていなかったため
自腹で入手しました。
 
このコメントだと、スキャン画像がメインになっているように
受け取られてしまいます。レビューを見て勘違いされる方が
出てこないよう、ここに記しておきます。
 
最初は2〜3日で撮影できると思っていましたが、
追加機種がたくさん出てきたので追加撮影が続きました。
もちろん編集担当の私たちも同行していますよ。
 
スキャン画像をたくさん使っていると、網点が出てしまって
汚く見えてしまいます。
その点、本書はラジカセの写真はみんなキレイですよ。
一度手に取って読んでいただけると幸いです。
 
(関連記事)
私が編集・執筆を担当した『ニッポンラジカセ大図鑑 1967-1988』本日発売!!
[衝撃] 世界初・国産初のラジカセはアイワのTPR-101ではなかった!!
[謎] AIWA TPR-101はなぜ国産初・世界初のラジカセといわれるようになったのか?

(amazon)
ニッポンラジカセ大図鑑 ([テキスト])
 
(楽天)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆ニッポンラジカセ大図鑑 1967− / スタンダーズ
価格:1979円(税込、送料別) (2017/6/30時点)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『ニッポンラジカセ大図鑑』がアマゾンのオーディオ・ビジュアル売れ筋ランキングで1位を獲得!
Pocket


PAGE TOP