トイカメラ・Vivitar Ultra Wide & Slimのシャッターを修理してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トイカメラ・Vivitar Ultra Wide & Slimのシャッターを修理してみた
Pocket

vivitar_ultra_wide_and_slim_restore01

先日、フィルムカメラの Vivitar Ultra Wide & Slimを使って写真を撮ってみたんですが、
上がってきた現像を見てみたらこんな感じになってました。

vivitar_ultra_wide_and_slim_restore02

う〜ん、露出過多で多重露光みたいになってる……。
これはこれで面白いんですが、どこかが壊れているようです。

22mmの広角レンズが付いているので、
なかなか面白い写真が撮れるカメラなんですけどねぇ。

シャッターをチャージした後に切ってみたら、
そのまま開きっぱなしになっていました。

vivitar_ultra_wide_and_slim_restore03

なるほど、シャッターを切っても戻らないのが原因のようです。

そこで、ちょっとだけ開腹してみて、
難しくなさそうだったらレストアしてみようかと思いました。

用意するのはドライバー1本だけ。

本体横のネジを外すと、パカッと開きます。

その後、シャッター部分のネジを外していきます。

vivitar_ultra_wide_and_slim_restore04

どうやら、シャッター部分のバネが外れていたのが原因で
シャッターボタンを押しても元に戻らなかったようです。

vivitar_ultra_wide_and_slim_restore05

そこで、シャッター部分にバネをかけ直します。
これで、きちんとシャッターが切れるようになりました。

また今度、撮影に連れ出してみようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トイカメラ・Vivitar Ultra Wide & Slimのシャッターを修理してみた
Pocket


PAGE TOP