雑誌pen (ペン)「ゴジラ完全復活!」号で「ゴジラの音楽」について原稿を書きました!

2017年1月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 雑誌pen (ペン)「ゴジラ完全復活!」号で「ゴジラの音楽」について原稿を書きました!
Pocket

20140715_works_pen_vol363

アメリカの興行収入を塗り替え、中国でも大いに話題となり、7月25日に日本でも公開される映画『ゴジラ』。

公開直前に、雑誌「pen (ペン) 」(2014年7月1日号、Vol.363)が特集を組みました。

その中で、ゴジラのメインテーマを作曲し、また、ゴジラの鳴き声や足音をスタッフたちと作り上げた作曲家、伊福部昭の原稿を執筆させていただきました。

初心者の方にもわかりやすく、独学で音楽を学び、後進の黛俊郎や芥川也寸志といった後進の育成から、現代音楽の作品を多数送り出したことや、プロフィールからゴジラとの出会い、メインテーマの特徴、なぜゴジラのメインテーマは弦楽器を用いた変拍子でできているのか、といったところまで詳しく解説しています。

また、編集協力としてちょっとだけお手伝いもしています。
関係者の皆様、ありがとうございました。

こういった特撮関連の雑誌やムックって1200円以上することがほとんどですが、penは650円と安い上にデザインもおしゃれ。珍しい写真や貴重なインタビューもたくさん載っているので、オススメですよ!

(目次)
020 ゴジラ、完全復活!
022 「ゴジラ誕生」に秘められた、メッセージ
026 すべてが手探り、日本初のスーツアクター|スーツアクター 中島春雄
028 誕生からずっと、ゴジラに寄り添った造形家。|造形家 開米栄三
030 証言者たちが語る、それぞれの熱き思い。
   田中友幸プロデューサーから、託されたモノ
   元東宝映画プロデューサー 富山省吾
   円谷英二から学んだ“特撮演出”の極意とは。
   特技監督 中野昭慶
034 人気作品と誕生背景で振り返る、ゴジラ年表。
036 名曲を生み出した、伊福部昭の感性。
038 全29作品のストーリーを、徹底解説。
044 シリーズ化の原点は、第2作目だった。
046 60年間で大きく変わる、ゴジラの顔。
048 ゴジラに破壊された、日本全国の名所。
050 ハリウッド最新作が、全世界を征服する。
056 若き才能がつくる、王道怪獣映画とは。|監督 ギャレス・エドワーズ
058 ゴジラは紛れもなく、大人の映画です。|俳優 渡辺謙
060 海外のクリエイターも、ゴジラが大好き。
   映画監督:マイク・ジョンソン|イラストレーター:ボブ・エグルトン
068 激闘を繰り広げる、ライバルがいた!!
076 こんな名脇役も多数、登場しています。
078 日本を守り迎撃した、自衛隊の兵器とメカ
082 ポスターは、グラフィックの「特撮」だ。
084 ブームが生み出した、ユニークな怪獣たち。
086 超精巧な原型は、このアトリエから生まれる。
088 好きなら押さえておきたい、4つのトリビア
090 ヒーローを身近に感じる、最新グッズ
特別付録:新旧ゴジラ特大ポスター

(amazon)
Pen (ペン) 2014年 7/15号 [ゴジラ、完全復活!]
Pen (ペン) 2014年 7/15号 [ゴジラ、完全復活!]

(楽天)

(Yahoo! ショッピング)
Pen (ペン) 2014年 7 / 15号 [ゴジラ、完全復活!] / Pen編集部 〔雑誌〕

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 雑誌pen (ペン)「ゴジラ完全復活!」号で「ゴジラの音楽」について原稿を書きました!
Pocket


PAGE TOP